一昨日は今年度初のK幼稚園様年少さんの自然体験教室の日でした。
はじめましての子供達は、水筒がとっても大きく見えるほどに小さい団体さんでした。

フィールドは水車あやめ川公園。
河岸工事を出来るだけ行わず、伊達の昔の雑木林を今に残す市民の憩いの場です。

小川のせせらぎが聞こえ、エゾリスが暮らし、野鳥が訪れ、様々な野草がある自然豊かな散策路が1.3km続きます。
3才〜4才の園児47名と先生4名でこの道を往復600mくらい歩き遊ぶ1時間のプログラムでした。

エゾリス


オオウバユリ


hotarubukuro


小川に架かる小さな橋をいくつも渡る時は、小さな子供にとってはちょっとした冒険です。
長短の橋が、片道4箇所くらいあります。


あやめ川橋



行きはおっかなびっくりだった子もだんだんに慣れ、帰りには走れる子もいました。

川の流れも気になってしょうがない。
いつか、この中でジャブジャブさせてあげたいな〜。

歩く途中の発見もたくさん!
小さな子供の視線は、もっぱら足元です。
いろんなものを拾っていました。

「これなあに?」
そんな素朴で素直な疑問にきちんと答えてあげることがとても大切だと思っています。

折り返し地点の広場では、「ヤエムグラ鬼ごっこ」をしました。


ヤエムグラ



鬼は服にくっつくヤエムグラをお友達に付けて鬼を増やします。
子供達は、人や動物にくっつく植物の存在を鬼ごっこを通して知りました。

最後に小川の近くへ。
用意した笹舟を流して遊びました。


笹舟


お家へ帰り、「笹のお舟をながしたよ」の報告で、今度は笹舟を作るところから周りの大人と一緒に体験してほしいと思っています。

Sotoasobu自然体験教室が、その時そこへ行った時だけでなく、家族で・お友達同士で再現できるものにしたい。
そんな、日常に浸透していくものでありたいと考えています。

そう。
私自身が幼少の頃、父や母やおじさん・おばさんたちに外遊びを教えてもらったみたいに。
自然の中は先生がいっぱい。
楽しく遊ぶ中で、いろんなことを教えてくれます。

来月は年中さんと年長さんです。
楽しみです。