Sotoasobuの地球大好き

今そして未来のありとあらゆる自然が元気で豊かでありますように。 そんな想いを抱きながら活動をしているSotoasobuの日々を綴ります。

自然体験活動の指導のこと

水車あやめ川公園で自然体験プログラム

一昨日は今年度初のK幼稚園様年少さんの自然体験教室の日でした。
はじめましての子供達は、水筒がとっても大きく見えるほどに小さい団体さんでした。

フィールドは水車あやめ川公園。
河岸工事を出来るだけ行わず、伊達の昔の雑木林を今に残す市民の憩いの場です。

小川のせせらぎが聞こえ、エゾリスが暮らし、野鳥が訪れ、様々な野草がある自然豊かな散策路が1.3km続きます。
3才〜4才の園児47名と先生4名でこの道を往復600mくらい歩き遊ぶ1時間のプログラムでした。

エゾリス


オオウバユリ


hotarubukuro


小川に架かる小さな橋をいくつも渡る時は、小さな子供にとってはちょっとした冒険です。
長短の橋が、片道4箇所くらいあります。


あやめ川橋



行きはおっかなびっくりだった子もだんだんに慣れ、帰りには走れる子もいました。

川の流れも気になってしょうがない。
いつか、この中でジャブジャブさせてあげたいな〜。

歩く途中の発見もたくさん!
小さな子供の視線は、もっぱら足元です。
いろんなものを拾っていました。

「これなあに?」
そんな素朴で素直な疑問にきちんと答えてあげることがとても大切だと思っています。

折り返し地点の広場では、「ヤエムグラ鬼ごっこ」をしました。


ヤエムグラ



鬼は服にくっつくヤエムグラをお友達に付けて鬼を増やします。
子供達は、人や動物にくっつく植物の存在を鬼ごっこを通して知りました。

最後に小川の近くへ。
用意した笹舟を流して遊びました。


笹舟


お家へ帰り、「笹のお舟をながしたよ」の報告で、今度は笹舟を作るところから周りの大人と一緒に体験してほしいと思っています。

Sotoasobu自然体験教室が、その時そこへ行った時だけでなく、家族で・お友達同士で再現できるものにしたい。
そんな、日常に浸透していくものでありたいと考えています。

そう。
私自身が幼少の頃、父や母やおじさん・おばさんたちに外遊びを教えてもらったみたいに。
自然の中は先生がいっぱい。
楽しく遊ぶ中で、いろんなことを教えてくれます。

来月は年中さんと年長さんです。
楽しみです。

月浦森林公園で、K幼稚園の自然体験教室。

12日よりずっと中南米よりお越しの研修生の皆様のJICAプログラムへの同行が続いています。

その間、教育旅行ガイドをしたり、駄菓子の店番をしたり、下見をしたり、幼稚園の自然体験教室で指導をしたりetc.

そんな毎日を過ごしています。

昨日は、K幼稚園年中さんの自然体験教室でした。
フィールドは月浦森林公園。

月浦森林公園

広場までの道は、背の高い樹々が子供たちを迎えています。

テーマは、「新緑の森を歩いて季節を感じ、小さな生き物観察をしよう」でした。

オニシモツケ
夏の花、オニシモツケも咲いていました。

まずは広場まで耳を澄ましながら歩きます。

「どんな音が聞こえた?」

バ〜ン!っていう音!(作物被害を防ぐための空砲)
車の音!

人工的な音はしっかりキャッチするようです。

「他にはどんな音が聞こえた?」

キャオ〜ン!→キツネだと思う!とのこと。
ピピ〜!→鳥さんだと思う!とのこと。
セミの音!→エゾハルゼミの音です。
スズメの音!→身近な鳥の名前が出てきたのでしょう。
#∃×△%@??→年中さんなので、まだ言葉にならない子供もいます。

音からこの森の中には色んな色んな生き物がいることを知りました。


さてここで、一人の男の子にアリの絵を描いてもらいました。
4本足
触覚を上手に描けています。体の節も描けています。でも足が4本しかありません ^^


「次は、みんなの足元をもっとよ〜く見てみよう! 色んな生き物がいるよ。きっとアリさんもいるからよく見てみてね。」

子供たち全員に虫めがねを渡しました。

虫めがねを手にした子供たちは、嬉々として一斉に散らばりました。
全員がしゃがみ込み、夢中で観察を始めました。
小さな生き物を次々に見つけていく子供たち。

クモもいた!
ワラジ虫もいた!
バッタがいた!
アリさんいたよ!
白い花が咲いてる!
黄色い花も咲いてる!
ギンギラがいた!(ハムシの仲間でした)

みんな楽しそうでした♬
子供たちは私の手を引き、報告して案内してくれます。

虫めがねを通した世界に初めて触れた子供たち。
夢中で探し回る姿に安心しました。

そして、最後にもう一度アリの絵を描いてもらいました。
6本足
足が6本になりました! よく観察ができましたね。


「森の中には声はするけれど姿が見えない生き物が棲んでいたり、よ〜く見ると小さな生き物がたくさん棲んでいるね。」


とても短い時間でしたが、きっと、虫めがね観察体験は楽しい記憶となって残ってくれると思います。

家で「虫めがね欲しい!」と言ってくれたら嬉しいな♬






2019年ウクレレカンタービレに今年も参加します!

今年もこの時期がやってまいりました

「2019年ウクレレカンタービレ」に今年も参加します!


ウクレレポスター


昨年、北翔大学さんとのコラボで初参加!
火山実験ブースや、ネイチャークラフトブース、自然体験ウォーク、ステージ発表などで子供達やご家族づれの皆様にお楽しみいただきました。

今年も北翔大学さんとコラボします
5人の学生さんたちとそれを率いる横山准教授、Sotoasobuは助っ人兼黒子の影むしゃに協力をしてもらいながら、昨年とはまた少し違った形の楽しい企画を考えています。

会場では〜
美味しいコーナー。
ショッピングコーナー。

そして、何よりも気持ちの良い景色。
そしてそして、何よりも楽しいステージ。

そしてそしてそして、Sotoasobu & 北翔大学コラボ企画

会場全体が楽しさ一杯です

⬇️画像は昨年の様子です。
2018年ウクレレ2


2018年ウクレレ3


2018年ウクレレ1


2018年ウクレレ4


ウクレレ2018年5


皆様のお越しをお待ちしていますね

6月22日は牧家さんのミルキングパーラーへGO!!

行動を起こす想い のこと。

私は想いと行動がほぼ同時 という人間です。

いえ。
でした…かな。
まあ、今でもそうですが、年齢を重ねた分、だいぶ考えてから行動をするようにはなりました。
ん?
四方八方からツッコミが聞こえてきます(笑)

さて昨日は、市内のK幼稚園年長さんの自然体験活動の指導の日でした。

月に一度、園外で活動をさせていただいています。
昨日訪れたのは有珠山2000年噴火の金毘羅災害遺構と展望台。


金毘羅災害遺構



ここがどんなところなのか?
園児たちに分かりやすく、出来るだけ怖がらせないように、出来るだけ楽しくお話をいたしました。

「何か質問がある人?」の問いかけに。

子供たちからの直球な質問がジャンジャン。
私はとっても嬉しい悲鳴!
何本も上がる手に、今日はここで終わりにしてもいいかも・・・と思うくらい素敵な質問が飛んできました。

「溶岩はどこからきたの?」
「この石も溶岩?」
「溶岩は熱いの?」
「地震でおうちが壊れたの?」
「なんでこの山は噴火するの?」
「なんでお家が壊れたの?」
「なんでマグマは熱いの?」
「あのお水が熱い泥水なの?」(沼になった火口を見て)
「なんで窓が割れてるの?」
「湖のお水はどこから来たの?」
「なんで?」「なんで?」「なんで?」…の嵐!!

もう本当に私の方が楽しくて仕方がなかった。

子供たちの心に、何か一つでも「楽しかった」や「すごかった!」が残っていたら良いな♬



で。
お話はガラッと変わります。
ここからは誤解を恐れずに勇気を出して書いてしまいます。


有くん火口
まるでヘリコプターから見るような有珠山の有くん火口。
「お池になっているところから噴火しました」
「このお池の近くから熱い泥水が流れてきました」
と子供たちにそんなお話しをしました。

金毘羅災害遺構
さっきまでいた災害遺構が見えます。

この写真のような景色が見られる展望台へも行きました。

実は、初めてここを訪れ、私の想いをお伝えし、「幼稚園の子供たちを連れて来て、この絶景を見せてあげたい」とお話しした時、「俺は子供と年寄りと障害者には弱いんだ」とおっしゃり、今回、特別な計らいをしてくださったのです。

何かと話題になるところですので、地元の方ならご存知の場所だと思います。

過去に何があったのかはわからない。
これを書くことで、もしかしたら大きなものを敵に回してしまうかもしれない。
だから、ちょっぴりドキドキしています。

でも、私はここを応援したいと思いました。
そう思うのは、ある意味間違っているのかもしれません。
でも、とてもとても強く熱い想いから出来た場所だったことが分かったから応援したいと思いました。

「この展望台は、火口を見に行きたくてもいけない、歩けない人のために造ったんだ。障害者と年寄りと小さい子供に見せてあげたくて造ったんだ。」

足を引きずりながら歩く高齢の所有者の方は、本当に優しい笑顔でそう話しておられました。
実はこの方の息子さんは障害をお持ちなのだそうです。

だからこその強い想いなのだと思います。


世の中、「正しい」と認められていることにも裏があり、「間違っている」と言われることにも裏があることがあります。

法律の線引きは絶対なのだけど、それさえも裏をかかれてあらぬ方向へ向かうことさえあります。


子供たちの直球な質問。

展望台の所有者の方の駆け引きない想い。

どちらも素敵だと思いました。


ところで…。
私は想いと行動がほぼ同時という人間です。
想いと好きに正直に突き進むしかできない人間です。
どんな壁があっても真正面からぶつかるしかできない人間です。

裏なんか無視! っていうか気づかないだけか…(笑)
根回し大事!  そりゃわかっちゃいるけど…(笑)


真っ直ぐな子供たちと、頑固で高齢の所有者の方の中に、ちょっとだけ自分を見た気がしてしまいました。

…と、そんなこんなで。

壮大な景色も相まって、地球にも、子供たちにも、素敵な人々にも、一杯のありがとう!を伝えたい、なんだか清々しく心温まる一日だったのです。


日々、是感謝です。

「観る」という体験活動の準備

ここ数年、小道具がドンドン増えてきています。

狭い我が家では管理問題が深刻(笑)

人のためのスペースがドンドン減ってきています。

石とか枝とか木の実とか、文房具とか紙類とかが山の様です。
あはは

そういえば、子供の頃から自然の落し物の収集癖がありました。
今になって再発です。
家族にはヒンシュクだったけれど、どれも大事な宝物でした。

で。
虫めがね
こちらは自然の落し物ではないけれど、自然を「観る」ための小道具です。

来月、園児への自然体験活動で使用します。
色々なものを観てもらおう♬

きっと、私にも見えないものを観てくれるはず。
 
ギャラリー
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 水車あやめ川公園で自然体験プログラム
  • 月浦森林公園で、K幼稚園の自然体験教室。
  • 月浦森林公園で、K幼稚園の自然体験教室。
  • 月浦森林公園で、K幼稚園の自然体験教室。
  • ライブドアブログ